お子さまが大好きなドラえもんの幼児教室「ドラキッズ」は、全国のショッピングモール内に230教室あります。1歳から始められるドラキッズには、あたま・こころ・からだをバランス良く育てるシステムがたくさんあります。

教室のドアが「どこでもドア」でお子さまを出迎えてワクワクさせたり、のびのびと遊びを通した活動があったりとお子さん自身が楽しんで通える幼児教室です。

ドラキッズの教室では、7つの得意を育てます。①ことば・もじ②かず・かたち③おんがく・えいご④こころ育て(EQ)⑤運動⑥造形⑦自然の7つの分野をバランスよく組み合わせ、お子さまの興味・関心を深めて可能性をぐんぐん引き伸ばしていきます。

教室では「授業1→授業2→授業3→まとめ」というユニットシステムで授業を進め、1~3回の授業でたくさんの経験をして、まとめでは1~3回の授業の内容を生かしたアプローチで学習をさらに発展させます。

お母さんとお子さまからの高い評価を得て、ドラキッズはイード・アワード2015において幼児教室の総合満足度第1位に輝いています。

さらに3つの部門賞にも選ばれています。①先生がよい幼児教室②子どもが好きな幼児教室③コスパのよい幼児教室です。また、ドラキッズは小学館グループが運営しているので、お子さまの学びはじめに安心して通わせることができます。

ドラキッズの総合教育コースとは?

ドラキッズの総合教育コースは、1歳から小学1年生準備クラスまでお子さまの発達に合わせた年齢別のクラスとなっています。

1歳からの「はじめてクラス」では、親子で「はじめて」経験をテーマにしています。お母さんといっしょに、自宅ではできないようなたくさんの「はじめて」を親子いっしょに楽しみながらチャレンジしていきます。

体や手先、指先を使った遊びをしたり、先生ふたりによるボードシアターでのお話をテーマにさまざまな活動をします。マットを使ってお母さんやお友達と遊んだり、英語の歌でリズムに合わせて楽しみながら体を動かします。お子さまだけではなくお母さんもいっしょに楽しく遊びながら学んでいくクラスになっています。

1~2歳の「さくらんぼクラス」では、「親子で」から「ひとりで」をテーマにしています。お母さんと一緒にたくさんのあそびを体験していきます。

ボールやマットを使ってお母さんやお友達と楽しく遊びます。遊び終わったらお子さまたちでお片付けをしますので自分で使ったものは自分で片づける習慣がつきます。ごあいさつでは、先生から名前を呼ばれたらお返事します。ここでドラえもんの登場です。先生が持っているドラえもんの指人形に元気よくお返事をします。絵の具あそびや紙をちぎって楽しく遊んだり、英語のリズムにのって体を動かします。

「お母さんといっしょ」から「ひとりでできる」ように生活習慣のしつけや、ひとりでもできるきっかけづくりをして、お母さんがいっしょではなくても大丈夫なお子さまを育てて行きます。

2~3歳の「いちごクラス」では、あそびと学習の総合体験をテーマにしています。いちごクラスから、お子さまだけで授業を受けます。遊びを通して学ぶことへの興味をふくらませるために、あそびと学習の総合体験をします。

ごあいさつでは、姿勢を正しくして、お友達の前で名前や年齢を言う発表タイムがあったり、数やかたちへの導入として買い物ごっこなどをします。はさみを初めて使う時には、先生のお手本をきちんと見て、お子さまもチャレンジします。

いちごクラスでは、いろいろなことがひとりでできるようになったり、お友達と協力してできることが多くなり、自主性と社会性が育まれます。これでお子さんを幼稚園へ入園させる前のお母さんの心配がなくなります。

いちごクラスからお母さんから離れての授業となるため、教室の終了5分前にはミニミーティングとして1人の先生から、教室で行った学びについて説明があるので、家庭でも今日の学びについて初めてできたことをお子さんに聞いたり褒めたりできます。

3~4歳の「みかんクラス」では、基礎学習と個別能力育成をテーマにしています。お友達と楽しく遊ぶ経験をすることで、さまざまな分野の活動や学習への興味や関心を高めていきます。

ごあいさつでは、お友達の前で名前と年齢、好きなものについて発表します。聞いているお子さまたちもきちんとイスに座って発表を聞くことができます。個別活動では、先生からえんぴつの持ち方や、筆圧をつける運筆練習を学んだり、1から10までの数字を先生と同じカードを探します。運動では、フープの上を片足、両足でまたいでバランス感覚が身に付きます。

このような五感を大切にしたプランで、ひとりひとり違う得意なことを伸ばしていきます。

4~5歳の「ぶどうクラス」では、小学校準備をテーマにしています。文字の読み書きや、計算といった小学校入学に向けて早くから動き出し、基本学習を実践し、集中力や自分で考えて答えを導くという工夫する力を養って、お子さんの知る楽しみをどんどん引き出して学習意欲を高めます。

5~6歳の「小1準備クラス」では、小1の先取りで万全な入学準備をテーマにしています。ひとりひとりに対応した個別指導と小学校生活に大切なマナーやルールなどを身に着けさせることができます。お子さまの学習のレベルアップをはかり、お子さまに「早く小学校に行きたいな。」と思わせるように導きます。

お母さんの味方のドラキッズ

ドラキッズの先生は、幼稚園教諭や保育士の資格を取得しております。幼児教育のプロが教えてくれるので安心感があります。

さくらんぼクラスは親子8組が定員で他のクラスでは12人が定員の少人数制です。教室には先生が2名ついており、お子さんの様子や変化を観察できるようになっています。

毎学習後にミニミーティングをしたり、その他にも授業参観・診断・保護者面談などが行われております。先生とお話しできるチャンスがたくさんあるので、子育ての悩みや学習についてアドバイスをもらえることができます。

1~2歳はお母さんもいっしょに授業を受けますが、2歳以降はお子さまひとりで授業を受けることになります。ドラキッズ幼児教室は、ショッピングモール内にあるので駐車場に困ることもなく、買い物を済ませながらお子さんの授業の終わりを待つことができます。

ドラえもんの幼児教室ドラキッズは、入会金が5,000円、月会費が5,500~6,500円です。週1回60分の授業を受けます。

ドラキッズに通わせているお母さん方からは、「お行儀がよくなった。」「親と離れるので心配していたが、精神的に成長した。」「お母さん同志で情報交換でき、先生は相談にのってくれて、悩みを共有できる人ができて嬉しい。」「同世代の子どもと触れ合う機会が少ないので、子どもがとても嬉しそうに通っている。」「勉強を詰め込むのではなく、大事な人間性や心の優しさからの「頭の良さ」を身につけられるカリキュラムになっている。」とお子さまとお母さん両方に良い教室だということが分かります。

ドラキッズでは、随時見学も受け付けており、入室体験会も行っております。もっと詳しく教室の内容を知りたい方は、資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

↓ドラキッズの資料請求はこちらからできます。