子供には「食える子」になってほしいですよね。
会社に就職して雇ってもらう奴隷のような人間よりも、自分で実力をつけて独立して歩んでいけるような人間。

そんな子を育ててきた人の手法が紹介されています。
日本ハムの大谷投手、水泳の荻野選手、卓球の石川選手などなど。
これを見ると親の子への教育投資が半端ないですね。

子供の教育への投資に時間をかけるためには親である自分の人間力を高めることも必須だと感じた次第であります。