幼児教育に関心はありますか?幼稚園には通っているけれど、何か習い事をさせたい。でもどのような教育を受けさせてあげたらいいのか分からない。こういうお悩みはつきものですよね。

そんな時、想像してみてください。我が子が楽しく学んでいる姿を。好奇心いっぱいにキラキラした瞳を。幼児教育を受けることで我が子がこんなにも生き生きとした毎日を過ごしている。親としてこんなに嬉しいことはあるでしょうか?

幼児教育のメリットとは?

昔から「三つ子の魂百まで」という言葉があります。3歳までに得た経験や覚えたことは、生涯にわたって忘れないという意味です。この言葉があらわすように、幼児期という時代は、将来我が子がどのような能力を備えた子どもに育つのかとても大切な時期なのです。

赤ちゃんから小学校入学までの子どもの体は驚くほど成長します。体とともに脳の発育も伸びざかりなのです。この一生のうちで、物事をたくさん吸収できる時代にこそ、教育を受けさせることが、お子さんの将来に必ず役立つ知識だけを詰め込むだけではないコミュニーション力や自ら考える力を伸ばしてあげられるのです。

また、習い事は年齢に「つ」のつく時までに始めたほうがいいといわれています。1歳を「ひとつ」と数えはじめて、9歳の「ここのつ」までのことをいいます。「ここのつ」までの時期がお子さんにとって、学びのはじめ時で、幼児期の教育の大切さをあらわしている言葉といえます。

コミュニーションの土台となる語彙力や考える力は、親子での会話のやりとりや絵本の読み聞かせをしたり、楽しい経験を親子でいっしょにすることで高まります。お子さんの「知りたい。」と思うことの世界を広げさせることは、「分かった。」という驚きや楽しさを発展させることができます。

この好奇心旺盛な心こそが、学びの基礎です。好奇心は毎日の生活の中でも養われるものです。この好奇心を刺激して、遊びの延長で学ぶ習慣をつけることが幼児期の教育のポイントとなります。

幼児期教育の見込める効果とは?

家庭だけでの教育だけでは不安。お子さんの能力をもっと高めてあげたいと思うのは当然のことだと思います。幼児期に習い事をすることは、好奇心の刺激をさらに期待できます。幼児期における教育がその後のお子さんの生き方を大きく左右する大切なものであることを理解しておきましょう。

人生の基礎となる大切な幼児期だからこそ、ご両親としてはお子さんに必要なものを選んで、学びの芽を伸ばしてあげなければなりません。まずは、ご両親で我が子にどのような子どもに育ってほしいか、どのような能力を身につけてほしいかを話し合うことからはじまります。

幼児教育を受けて見込める効果とは、どのような点があるのでしょうか?

両親が知らなかったお子さんの得意な能力を見つけることができます。

 幼児教室では、言葉や文字、数字やかたち、音楽や運動などお子さんのもつ好奇心をさらに広げることができ、可能性の芽を伸ばしていくことができます。家庭では分からなかったお子さんの得意なことがみつかり、さまざまなジャンルへの可能性を見出すことができます。

お友達との協調する心を育てることができます。

 他のお友達にも興味を示し始める時期に、自分とは違った考えや感覚をもつお友達とお話しをしたり一緒に学ぶことで、仲良く遊んだり思いやる気持ちが育てられます。

お子さんの興味や関心の世界が広がり、「自分でもやってみたい。」という気持ちを育てることができます。

 幼児教室には、年齢や発達に適した五感に働きかけるさまざまな教材があります。楽しく遊んで学べる環境が整っています。

達成感・成功体験・失敗体験を通して、目標をもって取り組む姿勢を育てることができます。

 教室では、家庭ではできなかった挑戦を楽しんだり、達成できたことに喜んだり、頑張ったことを褒めてもらえることで、何事にも挑戦するお子さんを育てることができます。また、困難に直面したとしても、立ち向かっていく意欲をサポートして、諦めない強い心を育てます。

これからの時代を生きるお子さんに必要な英語を習得させることができます。

英語の歌を歌ったり、リズムにのって踊ったりして全身で英語を楽しいと感じてもらい、お子さんが自分も「言ってみたい。」「話してみたい。」と思う気持ちを自然と育てます。

お子さんに幼児教育を受けさせると、ご両親にもメリットがあります。現代は、子育てに関して悩みを打ち明けられずに悩むご両親が多いはずです。幼児教育に通うことにより、経験豊富な先生へ子育ての相談ができます。

また、家庭でも楽しく取り組める教材があり、お子さんと遊びながらいっしょに学ぶことができます。そして、昨日できなかったことが今日できたという、お子さんの変化を目の当たりにすることができ、お子さんを褒めることが多くなります。

このようなことから、子育てが楽しくなり、子育てが生きがいと感じることになります。さらに、何より大切な親子の信頼関係を築くことができます。

幼児教室で楽しんで学び、家庭でもご両親といっしょに褒められながら学ぶお子さんは、記憶力や理解力はもちろん、感情豊かなお子さんになります。

小学校入学前に幼児教育を受けず、基本的なことが身についていないお子さんは、学習をスムーズに進めることが難しいといわれています。

小学校に入学してからも、勉強が楽しく取り組めるように幼児期からの教育は必要なのです。