幼児教育費用

幼児教育にかかる費用はどのくらい?

投稿日:

我が子に幼児教育を受けさせてあげたい。そう思ってもどんな教室があって、どのくらいの費用がかかるのか知っておきたいですよね。幼児教育のタイプや費用の目安、注意点について理解をしておきましょう。

幼児教室

 お子さんの知能の発達を促して、才能を最大限に伸ばすことを目標としています。幼児教室でのさまざまな体験が、お子さんの個性を伸ばすことにもなります。

 月謝は約5,000~15,000円です。月謝とは別に入会金や教材費を納めなければならない教室もあります。教室のクラスやコース選択、グループレッスンや個別レッスンなどによっても費用は変わってきます。

 月謝ではなく、数ヵ月分を一度に納める教室もあります。まずは、無料体験や見学に行って、教室の雰囲気や我が子に合いそうか、ご両親の意向に沿っているかを見極める必要があります。

受験対策の教室

 お受験対策として、国立または私立の小学校の志望校に合格することを目標としています。受験対策として勉強はもちろん、マナーや面接に向けての受け答えの練習をします。

 月謝は最低でも役30.000円です。受験対策として年中・年長と2年間通うことになるので月謝だけで約800,000円かかります。その他に入会金があり、模擬テスト代などが必要です。

 特にお母さんは、母親セミナーに参加したり、面接の練習、宿題を見てあげることなどがありますので、お子さんの志望校合格のためにご両親も一生懸命頑張らなければなりません。

習い事

ピアノ教室・音楽教室

 歌を歌ったり、リズム遊び、楽器の演奏を行います。楽器は、小さい頃から習うと音感が身につくといわれており、感受性も高くなると人気です。

 月謝は約7,000円~12,000円です。その他に入会金や教本やCD、自宅での練習のためのピアノや楽器の購入が必要となります。

英語教室

 ネイティブな英語の発音をまねすることで、小さい頃から習うと音を聞き分けられる力がつくといわれています。外国人を講師として本物の英語に触れさせる教室が増えてきました。

 月謝は約6,000円~10,000円です。その他に入会金、教材費が必要となります。

お絵かき教室

 絵を描いたり、図工をして想像力を育てます。言葉で伝えることが苦手なお子さんでも、絵で自己表現ができると注目されています。

 月謝は約5,000円~10,000円です。その他に絵の具や画材などが必要となります。

水泳教室

 水泳が得意になるという目標がありますが、体質改善を目的に通うお子さんもいます。

 月謝は約6,000円~8,000円です。その他に入会金、水着、キャップの費用が必要となります。

我が子に合った教室や習い事をさがし、お子さんの潜在能力を引き出してあげましょう。教室に通い始めても、お子さんが楽しく通ってくれるように、ご両親がお子さんをサポートして、長く続けられるようにしましょう。

-幼児教育費用

Copyright© 幼児教室なび , 2017 All Rights Reserved.