幼児教育

学びや性格形成につながる幼児期の運動について

投稿日:

子どもを戸外で十分に遊ばせる時間がなくて、運動不足になっているというご家庭は多いのではないでしょうか。またご家庭によっては、知育的な面をどうしても優先するために運動的なものがおろそかになっているという場合もあるかも知れません。

でも健康管理や体の発達において運動の重要性が指摘されています。また精神面への影響や心の発達、さらには小学校からの学びの仕方にもつながるものなのです。このような幼児期の子どもに運動が影響する様々な点についてご紹介します。

身体のさまざまな動きは、運動遊びを通して発達する

幼児期の子どもにとって運動の重要性は、どなたも指摘される事柄です。でもなぜ大切なのかとその根拠となるものについては、はっきりとは説明できないかも知れません。一般的には、健康のためとか体の発達のため、または運動が得意になるためなどと答えるのではありませんか。きっと運動や体の側面からの回答が多くなると思います。

しかし、運動をすることはそれだけでなく学びの仕方や心の働きにもつながっているのです。このような運動の主要な効果についてご説明します。ここでの運動というのは、自由に公園内を走り回るような運動遊びを指しています。子供達がする多様な動作には、走る、跳ぶ、転がる、投げる、ぶら下がる、蹴る、しゃがむなどの運動遊びがあります。特にいろいろな動きは、幼児期から小学校の低学年にかけて身につくものなのです。

そしてその後の様々な発達につながっていくものですから、多様な動作を遊びの中でしっかりと経験できるように働きかけてください。その時に運動をスポーツクラブなどでするのもよいことなのですが、動きが特定のものだけにならないようにすることが重要なのです。例えばサッカークラブに入っている子供が、小学校で体育時のサッカーの授業のときだけは、注目を浴びるがまったくその他の動きができないというようなこともあるのです。

「運動有能感」は幼児期に育ちやすく成長の支えとなる

子どもたちにとって運動遊びは、自らの意思ですることであり楽しいものなので大変主体的に遊ぶはずです。そしてこのような経験の中で、三輪車に乗れるようになったとかすべり台をすべれたとか高い所からジャンプできたなどと自信を持つことになり、肯定的な自分に対するイメージが育ってくるのです。このような点を「運動有能感」と表現します。

運動面のことだけでなく運動有能感が高まるとあらゆることに興味が出て好奇心をもって何事にも挑戦するという態度が育ちます。そして、有能感は工作や絵を描くこと音楽的なことにおいても育ちます。でも特に幼児期では、身体を使って達成感を持たせる事が、自信につながりやすいものなのです。

運動能力と行動傾向の関係についての研究では、運動能力が高い子どもほど全般的にがまん強く社会性やリーダーシップなどの面でもポジティブな結果が現れました。ですからたくさん運動遊びを経験すると性格形成や心の働きにもプラスの影響があると考えられるのです。そのことが、学習面で小学校以降もがんばろうとしたり人間関係も充実させることができ様々な面の育ちにもつながるものとなるのです。

具体的な子どもの例をご紹介します。私が訪れたある園のことですが、内向的でなかなか遊びの輪に加われない園児がいたそうです。ある時その子が、のぼり棒に一人でチャレンジを始めたのです。そして一人で毎日黙々と登るうちに登れるようになり自信をつけました。そのことで他の園児にも登り方を教えるようになり周囲と関わり始めたのです。そうすると他のことにも挑戦するようになってきたのです。まさにこの子の姿は、内面に運動有能感が大きな影響を与えるということを示すものとなっています。

小学校の学びにも幼児期の運動遊びはつながっていく

小学校以降の教科学習などにも運動遊びは、関係する要因を持っています。例えば、数を数える縄跳びや物の個数や人数を合わせたりする足し算や引き算を遊びの中で自然と行っているのです。またすべり台は摩擦の感覚、ブランコでは振り子の原理がわかりますし、ボール投げは放物運動、シーソーでは天秤の原理などを遊びを通して感覚的に学ぶことができます。これが今後の算数や理科の原理となる要素を理解することにつながるのです。

例えばブランコの経験をしていれば、学校で振り子の原理を学んだ時に過去の体験と結びついてより理解しやすくなることでしょう。また、空間的概念としての上下・前後、左右も遊びを通して身につきますし、言葉の発達も友だち同士のやり取りの中で高まり、規範意識やルール作りを覚えたりその他の様々な学びが促されます。このように運動遊びをすることで動きや身体の発達と共に行動傾向や心の働きさらに学び方に関しても大きな影響があるのです。

運動能力の低下やその影響

子どもが、昔に比べて運動をしなくなったという点は確かにありますね。そして運動をさせることの重要性も上述しました。さらに最近の子どもたちは、体力が低くなっているということもよく話題になりますよね。運動能力を全国で調査した研究グループの結果によりますと幼児の体力が低くなっていることがデータにも明確に表れているのです。それは、1980年代の半ばから1990年代にかけて特に大きく低下しているのです。そして現在までなお低い水準となっています。

検査で測定したものは、ボール投げの距離や25m走のタイムなどです。距離やタイムなどの量においてもですが、ここ20年間で質的な投げ方や走り方、ジャンプなどでも2歳ほど男女共に動作が未熟になったとのことです実際にかなり前から子どもの動作が、妙にぎこちないとか動きがおかしいということが園の現場でも指摘されていたのです。保育者の話をある園で聞きますと3歳の子どもですが、きちんと座って自分の姿勢が保てないので、すぐに寝そべってしまうということなのです。

運動経験の少ない子どもがなぜ増えているのか

いろいろな体の動きは、徐々に経験を積むことで熟達していくのです。それは幼児たちの歩ける距離が少しずつ伸びてやがて走れるようになることでもわかります。でもボ-ルの投げ方や走り方が、十分でなく25m走のタイムが遅くなっていることの要因は、運動経験の不足なのです。その原因としては、社会や生活の環境の変化とともに運動経験がどうしても減少しているという点が背景としてあります。活発に屋外で遊ぶ時間が確保できないことも大きい原因ですね。

また、生活環境が便利になったために体を動かす必要が、少なくなっていることも一因でしょう。例えば、マンションなどで生活しているとエレベーターをどうしても使用します。階段を上がることも少なくなり、子供の頃から歩く距離が減り車での移動が増えてしまうのです。また、水道がレバー式なのでひねるという必要がなく、洋式トイレになっているのでしゃがむという動作もしなくなったからです。このような生活の変化は、あらゆる所にまで及んでいるのです。

さらに保護者の心理的な変化も上述の物理的な変化だけではなく要因になっているのです。例えば勉強を運動よりも優先する傾向や過度に清潔にしケガを怖がることで外遊びをさせない傾向がみられることです。このようなことで子どもたちの運動をする機会は、ますます減っていくのです。

毎日1時間以上は、運動させよう

では、どれくらいの運動を幼児期には、させる必要があるのでしょうか。「幼児期運動指針」という文部科学省が2012年に策定したものをご紹介します。それによると「毎日楽しく60分以上は、体を動かすことが望ましい。」とされています。

具体的には、園や家庭でのいろいろな運動等を含めて毎日1時間確保するということです。特別な運動をするということではなく、例えば、園までの道のりを片道10分徒歩で往復すればそれだけで20分になります。そして家の中でも体を使った遊びを10分すれば、半分の時間を確保したことになります。さらに園でも室外での遊びの時間があるのであれば、1時間というのはそれほど困難な目標値ではないですよね。

運動不足が気になるということで、体育教室やスポーツクラブに入れようとすぐに考える必要はないのです。例えば近所の買い物であれば、車や自転車を使用しないで歩いたり、階段を使用したり家庭でも親子で体を使ってたわむれたりでも良いのです。それだけでも結構な運動に幼児にとってはなりますから保護者の意識を少し変えるだけでも日常生活においての運動経験を増やすことができるのです。

接し方で「運動有能感」を高めるには

運動遊びを子どもの気持ちにより沿って楽しむという態度が大切なのです。そうすると子どもの心身の発達がより促されますよ。

親の接し方が重要で、それにより運動遊びがもっと好きになるようになるのです。例えば、子どもが運動していてうれしそうにしていたり、満足そうにしている時に一緒に喜んだり、認めたりする言葉かけをすることです。保護者からすると他の子はもっとできるのにと思ってしまうことでも、他の子どもと比較するのではなく、わが子を基準としてできるようになったこと評価することが重要なのです。

周囲と自分を幼児期の子どもは、比較して考えたりしません。例えば、かけっこで最下位の結果だったとしても親などが「かっこよかった」とか「速かったね」と賞賛すれば満足します。そして「次もかけっこでがんばろう」という気持ちになるのです。

自分にしか目が向いていないこの時期は、運動有能感も高く持ちやすいのです。でも小学校に入ると自分と周囲を次第に客観的に比較するようになるので、今の時期に運動有能感を高めることが大切です。運動遊びを好まない子どももいるのですが、そのような場合には、一緒に保護者が遊び何かに挑戦したら大げさにほめるということが有効です。だんだんとそういう機会を増やすことで体を使用してできることが増え、徐々に楽しさや喜びを感じるようになります。

静的なおままごとなどが好きな幼児も多いですね。でもこのような遊びの中にも水や石を運んだり、しゃがんだりという運動は含まれているのです。ですから他の運動を無理にやらせる必要はなく、あくまでも無理をさせずにその子にあった運動を考えてあげましょう。

-幼児教育

Copyright© 幼児教室なび , 2017 All Rights Reserved.