▼11月26日(日)からFODで「あいのり : Asian Journey」配信開始予定!新規登録で31日間無料! FODプレミアム

幼児教育

運動神経が良くなる? 幼児期にさせるべき運動はこれ

投稿日:

遺伝や生まれつきで運動神経の良し悪しは決まると思っている方は多いでしょうね。実は幼児期の運動環境が大きく関わっているのです。では、幼児期にどんな運動をさせると運動神経の良い子どもに育つのでしょうか?そのような点についてご紹介しますね。

運動神経が良い子供は得をする

実は、運動神経は遺伝ではないのだそうです。ですから、親が自分は運動神経がよくないし、子どもに遺伝しているかも知れないと悩む必要は無いのです。
また別に子どもの運動神経が良くなくても構わないと考える方もいるかも知れませんが、運動神経が良いと様々なメリットがあるのです。
ケガをしにくいということが運動神経が良いことであるのです。というのも運動神経が良い場合には、自由に自分の体を動かせるのでとっさの時の動きも敏捷にできますからケガもしにくいのです。生きていく上で危険を回避できるということは重要な観点です。親としても安心できますよね。

運動神経が良くなる運動環境とは!

 運動環境を整えてあげることが、運動神経が良い子どもに育てるためには大切なことなのです。保護者の使命と言ってもいいかも知れません。
といってもいわゆるスポーツを幼児期の場合には、無理にさせる必要はないのです。走ったり、跳んだり、回ったり、投げたりを遊びの中でさせて体をより多く動かす機会を作ることでよいのです。

良い運動環境の中で育つ能力とは

例えば、ボール投げ一つをとってもいろんな能力を高めることは可能です。
道具を上手に使うという識別能力をボールを使用する遊びの中で高めることができます。また、定位能力といって自分と動いているものとの距離感を図れる能力や素早くその場の状況に合わせて動きを切り替えたりする変換能力などを養うこともできます。
また鬼ごっこ遊びでは、先ほどの定位能力や変換能力などが育ち、縄跳びではリズム能力を高めることができますよ。
このように遊びから得られる能力は、コーディネーション能力と呼ばれています。これには、7つの能力がありバランス能力やリズム能力、変換能力、識別能力、反応能力、定位能力、連結能力です。
これらの7つの能力が組み合わさることで、スポーツを行う時などに運動神経が磨かれ高まっていくのです。

このように幼児期には、遊びの中で日頃から体を動かすことを教えましょう。
子どもの運動神経が特に伸びるのは、5歳から8歳頃だと言われています。ですからこの時期に神経系の発達を促す様々な運動経験させて、運動神経のよい子どもに育ててください。
まずは、幼児期は体を動かして様々な動きを体験させる事が大切なので、積極的にボール遊びや鬼ごっこを子どもと一緒にしたりして、のびのびと子どもが体を動かせる環境を作ってくださいね。

-幼児教育

Copyright© 幼児教室なび , 2017 All Rights Reserved.